かんたん二重窓「まどまど」

新世代の窓ガラス
まどまどとは取り付けが簡単なインナーウインド(窓の内側にもう一枚付ける窓)のことです。防犯、防音、防湿、断熱を実現するといういいことだらけの「まどまど」はたくさんのお客様に好評を頂いております。

よくある質問

カタログでは約40dBカットとなっていますが、実際に現場に取り付けた場合でも、約40dBカットできますか?

カタログ記載の遮音性能はJISで定められた方法により実験室で測定した測定値です。
実際の現場で測定した場合は、実験室とは取付け条件や音場(音波が伝わっている空間の状況)が異なりますので、それぞれの測定値には差異が生じるのが普通です。

合わせガラスの特殊フィルムの厚さによって、遮音性に差が出ますか

合わせガラスの遮音性は、質量則にほぼ比例します。
しかし、特殊フィルムは質量が小さいのでその厚さを変えても、合わせガラスとしての遮音性には大きな差は生じません。

<まどまど>にラミシャットを入れると、遮音性はもっと上がりますか?

ラミシャットの本来の特性は、防音特殊フィルムがガラスの振動を吸収することによって、コインシデンス周波数付近の遮音性能の低下を抑えることです。
しかし、<まどまど>にラミシャットを使った場合は、<まどまど>の気密性が高いことなどから、二重窓としての遮音性能は通常の合わせガラスを使った場合とほぼ同じです。
また、<まどまど>を使った二重窓は、音域全般にわたって良好な遮音性能を示します。

電車の音とトラックの音では防音のしかたも違いますか?

トラックの音域は狭く(低音〜中音域)、電車の音域は広い(低音〜高音域)傾向がありますが、<まどまど>の二重窓は音域全般に高い遮音性を示しますので、どちらの音にも効果的です。
また、二重窓間の空気層間隔を広げると、特に低音域の遮音性改善に効果があります。
但し、地面を伝わってくる振動音については対処できません。

ピアノや声楽など、家から出る騒音を防ぎたいとき注意すべき点は何ですか?

二重窓にすることで外への音もれを防ぐことはできますが、外へ抜けにくくなった音が振動という形になって隣や上下階へ伝わりやすくなってしまう場合があります。
特にマンションでは、窓の防音と同時に、床に固体音を防ぐ素材、壁や天井の表面にも吸音材を施すなどの対策が必要です。

カーテンや障子を閉めると結露がひどくなるのは、どうしてですか?

カーテンや障子1枚でも断熱効果があるため、暖かい空気が遮断され、窓ガラスが冷やされてしまいます。
そこへ、湿った空気がカーテンや障子の隙間から侵入して結露が発生するのです。
薄いカーテンより厚いカーテン、1枚より2枚の方が結露しやすくなります。

バスルームの結露を防ぐ方法はありますか?

入浴中のバスルームは湿度が100%に近いため、結露を防ぐことはできません。
むしろ、他の部屋に影響を及ぼさないようにすることが大切です。
入浴後は、湿気をすばやく屋外へ追い出してください。
また、極端に湿度の高い居室でも同じことが言えますので、注意が必要です。